日本史学習・英語学習 byオンラインスクールOneStep

上を目指す勉強を 子どもにも 自分にも

大学受験 日本史 国公立2次向け 理解度チェックリスト(近世2)

以下の問に答えられますか

答えは次の記事で

1. 徳川家康が将軍宣下を受けて江戸幕府を開いてから、大坂の役で豊臣方を攻め滅ぼして全国支配を実現した過程を説明できる。
2. 武家諸法度寛永令にいたるまでの、大名統制策を説明できる。
3. 家光が軍事指揮権を示した方法を説明できる。
4. 幕藩体制とは何かを説明できる。
5. 幕府の経済的基盤を説明できる。
6. 幕府の職制の特徴を説明できる。
7. 幕府による朝廷の統制を説明できる。
8. 和子入内以降の、朝廷統制の強化を説明できる。
9. 紫衣事件とその意義を説明できる。
10. はじめはキリスト教を黙認していた幕府が、禁教へと転換していった理由を説明できる。
11. 島原の乱の歴史的意義を説明できる。
12. イギリス・オランダとの通交の開始を説明できる。
13. スペインとの通商交渉について説明できる。
14. ポルトガルの利益独占への対抗手段を説明できる。
15. 日本人の海外進出を説明できる。
16. 海外渡航と貿易の統制に進んでいった理由を説明できる。
17. 鎖国の意義と影響について説明できる。
18. オランダと中国との通交関係を説明できる。
19. 朝鮮および蝦夷地との関係を説明できる。
20. 琉球王国との関係を説明できる。
21. 江戸時代の支配身分について説明できる。
22. 江戸時代の被支配身分について説明できる。
23. 周縁部分に生きる人々について説明できる。
24. 諸階層の家における、戸主の権限を説明できる。
25. 本百姓体制を維持するための政策を説明できる。
26. 町の組織や町人の負担を説明できる。
27. 近世の農業の基本的な特色を説明できる。
28. 漁獲物の流通が拡大した理由を説明できる。
29. 近世初期から17世紀後半までの商業の概略を説明できる。

 

前回(中世6・近世1)の解答

 

nobuta.onestep-mugi3.com

 

1. 応仁の乱によって伝統的権威が失墜し、下剋上の風潮が拡大した。将軍や守護大名は力を失い、独自に領国を支配する戦国大名が各地に割拠した。


2. 国人や地侍を家臣化して軍事力を増強した戦国大名は、家臣の収入額を銭に換算する貫高制で、家臣の収入を保障するとともに軍役を課した。家臣団に組み入れた地侍は、有力武将に預ける寄親寄子制によって編成され、集団戦に活用された。


3. 中世法の集大成としての分国法では、家臣間の私闘を禁止する喧嘩両成敗法や有力家臣の城下町強制集住や私婚禁止が定められた。そこには、戦国大名の新しい権力としての性格が現れている。


4. 指出検地によって、農民に対する直接支配が強化された。有力な商工業者を取り立てて、領国内の商工業者を統制させて商工業者の力を結集した。商業取引を円滑化して、領国の政治・経済・文化の中止として城下町を形成し、領国を城下町を中心とした一つの経済圏とした。


5. 寺社の門前に人が集まって、町並みを形成した。


6. 浄土真宗の寺院・道場を中心に門徒の町が形成され、商工業者が集住して楽市で自由な取引を行った。


7. 貿易や遠隔地商業の発展にともなって港町などが形成され、日明貿易の拠点であった堺や博多などは、裕福な商工業者たちの合議で運営される自治都市となった。


8. 応仁の乱によって荒廃した京都は、町衆によって復興されて自治都市となり、祇園祭も再興された。


9. 倭寇船に乗り込んだポルトガル人が種子島に鉄砲を持ち込み、以後九州の諸港に来航した。四十年の後、スペイン人が肥前の平戸に来航して貿易を開始した。


10. 中国産の生糸や、ヨーロッパの鉄砲が輸入され、日本からは銀が輸出された。鉄砲は戦術の変化をもたらした。


11. イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルが鹿児島に到着して、大内義隆や大友義鎮らの保護を得て布教を開始した。南蛮寺・コレジオ・セミナリオが建設され、一部の大名は洗礼を受けてキリシタン大名となった。ヴァリニャーニの勧めによって、天正遣欧使節が派遣された。


12. 家臣団の城下町集住を徹底させ、伝統的な政治や宗教の権威を克服しようとした。指出検地や関所の廃止、堺の直轄化を断行して、楽市令で自由な営業活動を認めた。


13. 秀吉は天皇の権威を利用しながら新しい統一国家をつくり上げた。経済的基盤は莫大な蔵入地にあり、その他主要鉱山や京都・大坂・堺・伏見・長崎などを直轄化した。


14. 腹心の家臣を五奉行として政務を分掌させ、有力大名を五大老として重要政務を合議させた。


15. 太閤検地によって石高制や一地一作人制が確立し、大名は石高に応じて軍役を負担することとなった。刀狩によって農民から武器が没収され、農民の身分が明確化された。人掃令によって諸身分が確定され、兵農分離が完成した。


16. 長崎がイエズス会に寄付されたことや、日本人が奴隷としてキリスト教徒によって連れ出されていたこと、およびキリスト教徒が神社仏閣を破壊していたことに危機感をつのらせた秀吉は、バテレン追放令を出して宣教師の国外追放を命じた。しかし、人々の信仰は否定せず、貿易も奨励していたため、禁教は不徹底であった。スペイン船の乗組員の証言をきっかけに、26聖人殉教事件が起きた。


17. 朝鮮出兵は朝鮮の人々や国土に多くの損害を与え、膨大な戦費と兵力の消耗は秀吉政権の衰退をもたらした。


18. 新興の大名や豪商の気質と経済力が反映した、新鮮味あふれる豪華で壮大な文化であった。仏教色が薄れて、現世的で力感あふれる文化となり、南蛮文化の影響もみられた。

 

その他受験生お役立ち

①日本史系ツイッターbot
「日本史 受験基本用語bot」→ https://twitter.com/botby11
「日本史 受験標準用語bot」→ https://twitter.com/botby12
「日本史 私大受験用語bot」→ https://twitter.com/mastedtei
「日本史 雑学・小ネタbot」→https://twitter.com/botby13
 
②受験生の質問を受け付ける配信
火・水・木・土で、私が配信可能なとき、22:00~24:00の間に1時間くらい
 
③高校生向けオンライン日本史クラブ
 
高校生向け日本史クラブ紹介動画(東大・難関大攻略編)

のぶたの「誰も得しない日本史」シリーズ

ブログ「誰も得しない日本史」
 
Amazonで電子出版もしています